生地の種類
2017.02.02

subimg02現代における法被の布地は、天然繊維と化学繊維に酒類が分かれています。化学繊維のほうがリーズナブルな価格で作ることが可能ですが、天然繊維ならではの良さを実感して購入したいと考えている人もたくさんいるのは事実です。取り扱っている化学繊維の中でもメインとしては、ポリエステル生地が多く、ポリエステル繊維にも複数の素材があり、薄手で発色の良いものをはじめとして、高級感を感じさせるスエードタイプの物、さらに丈夫で長持ちしやすい厚手のポリエステル生地も少なくありません。使用用途に応じて選ぶ人が多く、ビジネスシーンで作る場合には丈夫なものを用意する企業が多いといわれています。化学繊維は丈夫で長持ちしやすく、色落ちしづらいのが特徴であるため、利用する用途によってコストを削減できるのが良いポイントです。

天然素材で主に使用される物は綿ですが、面の折方によって使用用途が異なるといわれています。ポイントを絞り込んで快適に利用できるため、利用用途に応じて面素材を選んでいる人が少なくありません。一般的に選ばれているものとしてはシャークスキンです。シャークスキンとは面の凹凸が鮫の肌のようなのでシャークスキンと呼ばれています。バリエーションによってはシルクが混入されているものもあるため、事前に確認してから作ることが大切です。一番リーズナブルでコストが低い布地としては天竺木綿といわれています。平織の布で、一番コストが抑えられる法被を作れます。但し天竺といえども、10番と書いてある場合には、布地を作るための糸が通常よりも太く、荒く丈夫な手触りの布になるのが特徴なので、間違えないようにしましょう。

幌布のように丈夫で厚手の布や、丈夫さを追求した一重刺子といわれる特殊な折方をした布地を提供している店舗も少なくありません。なお、厚手とはいっても風通しの良さを希望する場合には、スラブ生地といわれているものを選びましょう。太さが一定でない糸を追って作られている為、風合いが独特の仕上がりになっているところが魅力的です。シンプルで高級感ある仕上がりを希望する人の場合には、シャンタンと呼ばれる布地を使う人もいます。また、店舗によって取り扱っている布地の種類は多数あるため、事前にチェックしてから製作を依頼する人も増えました。利用するポイントによって多数の布地がある店舗は少なくなく、事前に直接店舗で触って注文する人も少なくありません。

▲ ページトップへ