法被の歴史
2017.02.02

subimg04法被は、現在はお祭りやイベント、学校行事など様々なところで人々に愛用されている衣装です。テレビで放映されている買い物の番組などでも商品をお勧めしている司会者などがよく着用していたりするので、その衣装と着ている姿を見たことがない人はいないといってもいいかもしれません。日本人にとってはかなり馴染みのある衣装ですが、その理由としては、とても簡単に着ることができる上、お祭りなど人々が多く集まって着る場面が多いということがあげられるでしょう。そのくらい根付いている衣装ですが、その歴史は古く、江戸時代にさかのぼります。近世において下級の武士たちが着用していた裾の短い上着がそう呼ばれていました。また、職人たちの間で屋号などを染め抜き、同じ職業の仲間であるという印として、しるしばんてんとも呼ばれていたそうです。

歴史をさかのぼってその時代に着用していた経緯を見ても、法被はひとりで着るものではなく、複数の人数が集まって着る衣装だと言うことができます。同じ衣装を着て、お祭りやイベントを盛り上げるといった現在の意味合いと通じるものがあるという点では実に興味深いところかもしれません。最近は従来の使用目的に加えて、スポーツ観戦やアイドルのイベントなどにも同じチームやアイドルグループを応援する仲間同士でおそろいのものを揃えるということも多くなっているようです。何人かが集まっておそろいのものを着るためには、それを制作しなくてはなりません。その場合には、やはりインターネットの通販サイトで注文することが今はいちばん便利で簡単な方法となっています。

どんなものでも通販のサイトは非常にたくさんあり、法被の注文ができるサイトももちろん例外ではありません。サイトによってその特徴が多少異なっている場合もありますが、多くのサイトで共通しているのはまず長さが長いもの短いものなどの基本の形と生地を選ぶという点です。形は決まっているようなものですが、長さは使用目的によっても異なるようです。また、1回きりのイベントなどに着るだけであれば安いものも多くあります。長持ちさせたいのであれば、生地にこだわりを持って選ぶこともできるでしょう。そして肝心なのはおそろいでオリジナルのものを注文する場合です。文字やイラストなど一定の条件内であればとんでもない高額になることはないようですが、こだわりを持てばそれだけ金額も張るかもしれません。また、枚数が多ければ多いほど安くなる場合もあります。サイトごとに異なることもあるので、何を基準に注文するかを把握してから注文すると良いでしょう。

▲ ページトップへ