半纏と法被の違い
2017.02.02

subimg05現代社会では基本的に同様のものと考えられていますが、実は法被と半纏は大きな違いがあるため、作る場合には慎重に情報を集め、専門業者に相談しましょう。ただし混同されるようになったのは江戸時代からといわれており、ここ数十年のことではありません。江戸時代までは厳格に分かれていましたが、それまで本来の法被は胸紐がつき、背中に家紋が入っている単衣でした。襟を折り返して着るのが定番でしたが、江戸時代に贅沢禁止令の一つとして羽織の着用が禁止され、襟を返さずに身に着けられるものを探すために、半纏と混同されるようになったといわれています。背中や襟に家紋や屋号を染め抜いた、襟を返さないものを印半纏として着用することが増え、重宝されるようになりました。

基本的に現代社会では祭りの時に身に着ける人が少なくありませんが、祭りばかりでなく、職人のユニフォームとしてや、商売を行っている家の一部ではビジネスのユニフォームとして身に着ける企業が現在でもあります。かつては火消しの面々のユニフォームとして利用されていましたが、現代では飲食店や呉服店といった場所で身に着けることが多くみられるのが特徴です。元々は単純な防寒具で、現代でいうどてらのような存在であった半纏が、贅沢禁止令の影響で印半纏と同様のアイテムとして混同され、当時でのファッショナブルなアイテムとして注目されています。冬のアイテムだった防寒具が、歴史上における人々の意識から、ファッションアイテムの一部として使われるようになりました。

現代では綿入れの半纏は防寒具として活用されることが少なくありませんが、お祭りやイベントで使用される印半纏は、法被として認識されており、作られることが増えています。現代で作る時には、一部の店舗では印半纏と呼ぶので、店舗ごとの呼称に対して注意して作ることが重要です。日本の伝統文化の一つである以上、正式名称で作りたいと考える業者の意図を組み、注文する時にも正式名称で注文する人もいます。江戸時代の頃とは大幅に異なり、カラーや屋号、家紋などデザインやバリエーションは豊富となっていますので、セミオーダーやフルオーダーを簡単に制作可能です。理想通りのデザインで作りたい場合、あらかじめ制作会社の担当者と相談して、納得できるデザインやカラーで作ることができます。インターネットで相談できるので、忙しい方でも安心して作れるのが、現代のいい所です。

▲ ページトップへ